水の未来――グローバルリスクと日本

  • マジメ

水の未来――グローバルリスクと日本

著者:沖 大幹

出版社:岩波書店

発売日:2016/3/19

価格:842円

水問題の入門書として

RECOMMENDER

保井 美樹

法政大学教授

RECOMMENDER

水を知らずして川を語るべからず。そんなことを思う人に決定版の一冊をご推薦。水資源はストックではなくフロー、水資源は遍在している、水は単価が安い。そんな特徴を踏まえてどのようなガバナンスを描くのか。適切に行われなければ、水を巡って流域で軋轢が起き、川は先細るかもしれない。危機感をもってリスクを適切に見定め、上手に管理しようという沖先生のメッセージはミズベリスト必聴です!

RECOMMENDER

RECOMMENDER

保井 美樹

法政大学教授

Institute of Public Administration、東京市政調査会、東京大等を経て、2004年より法政大。NY大都市計画修士、工学博士(東京大学)。専門は都市計画、エリアマネジメント、官民連携。近著に『新版エリアマネジメント』(共著、学芸出版社、2015)など。

推薦書籍一覧へ戻る