しずくのぼうけん

  • 絵本

しずくのぼうけん

著者:マリア・テルリコフスカ
   ボフダン・ブテンコ (イラスト)
   うちだ りさこ (翻訳)

出版社:福音館書店

発売日:1969/8/10

価格:972円

ミズベリスト候補のこどもたちへ

RECOMMENDER

保井 美樹

法政大学教授

RECOMMENDER

バケツから飛び出した水のしずくが長い旅にでます。水蒸気になり、雲にのぼって雨となり、冬には氷やつららになって、再びしずくになって川へと流れる。小さな子供がはじめて水の性質や循環を意識できる本。しかも、しずく君の表情が何ともいえず愛らしく、描かれる街や家の色彩も魅力的。我が子が小さい頃、毎晩のように読んだこの絵本。ミズベリストとそのお子様におすすめです。

RECOMMENDER

RECOMMENDER

保井 美樹

法政大学教授

Institute of Public Administration、東京市政調査会、東京大等を経て、2004年より法政大。NY大都市計画修士、工学博士(東京大学)。専門は都市計画、エリアマネジメント、官民連携。近著に『新版エリアマネジメント』(共著、学芸出版社、2015)など。

推薦書籍一覧へ戻る