“A History of Brooklyn Bridge Park: How a Community Reclaimed and Transformed New York City’s Waterfront”

  • ノンフィクション

“A History of Brooklyn Bridge Park: How a Community Reclaimed and Transformed New York City’s Waterfront”

著者:Nancy Webster, David Shirley

出版社:Columbia Univ Pr

発売日:2016/10/11

価格:2,457円

決して簡単ではなかった、荒廃したかつての港湾の水辺再生の成功事例を歴史から読み解く

RECOMMENDER

服部 充代

like air + water co., ltd. 代表/インテリア・デザイナー

RECOMMENDER

法政大学の陣内秀信先生とご一緒させて頂いた、NY水都研究でも、素晴らしい水辺の再生事例として注目したブルックリン・ブリッジ・パーク。最盛期には、ニューヨーク港の主要物流拠点やものづくり拠点として経済を支えた水辺も、1960年代を境に荒廃の一途をたどり、一時は、立ち入るのも危険とされてきました。しかし今では、自然豊かな市民の憩いの場となり、観光客を惹きつけ、その周辺ではクリエイティブ産業の集積が起こり、若者の可能性を育む拠点が点在する新たなウォーターフロントの都市空間が形成されています。それでも、NY州、NY市、NY港の所有地が入り組んで存在していた水辺の再生は、決して容易なものではありませんでした。日本にも、似たような状況にある水辺は多いかもしれません。市民の草の根活動が何を動かし、行政や有識者、財界支援者は、それにどう答え、現実をどう動かしたのか。成功事例としても、非常に参考となるお勧めの一冊。筆者のNancy Websterさんは、2015年に法政大学の保井美樹先生と訪問したブルックリン・ブリッジ・パーク管理組合のエグゼクティブ・ディレクター。バイタリティー溢れる素敵な女性でした。

RECOMMENDER

RECOMMENDER

服部 充代

like air + water co., ltd. 代表/インテリア・デザイナー

NYでデザイナーとして働く折、都市の水辺に興味をもち、帰国後は、名古屋の中川運河を舞台に市民活動を推進。陣内秀信研究室の水都研究にも参加し、人のバイオリズムやアートに焦点をあてながら水辺再生にアプローチしている。

推薦書籍一覧へ戻る